中学受験をする子の保護者

小学校卒業後、多くのお子さんは地元の中学校へ通うのが主流となっています。
そんな中、中学受験をして有名私立中学校へ入ろうと頑張るお子さんもいます。

それは経歴を華々しく飾るため、将来良い会社に就職するためなど理由はいくつかあるでしょう。
しかしそのほとんどはお子さん本人の意志ではなく、保護者の願望であると思われます。
わが子に将来立派になってほしいと思うのは皆さんそうだと思いますが、行き過ぎた教育も問題といえます。

テストの成績を必ず確認し、点数が落ちてしまうようならば厳しく叱り、自由時間を削らせて勉強をさせる保護者もいるようです。
しかしその保護者たちは自分の小さい頃、果たしてそんなに勉強をしていたのでしょうか。
きっと、毎日陽が暮れるまで友達と外で遊んでいたのではないでしょうか。

そうして、大人になり、世間の辛さを知り、自分の子供には小さい頃からしっかり教育しておかないとと考えてしまっているのかもしれません。
中学受験は将来のために必要なことかもしれません。ですが、まだ本人は小学校6年生の子供だということを忘れてはいけません。
時にその愛情がわが子を苦しめているのではないかと自問自答する時間も大事ではないかと思います。