中学受験と心構え

近頃、外で遊ぶ子供の数が減っているとは誰もが思っていることでしょうが、
その理由としては外で遊べるような場所がなくなったことや、家庭用ゲーム機の普及によるものが多いと思います。
学校が終わったあと、塾や家庭教師指導のもと勉強をしている子供も多くいます。

中学受験をする子供は友達と外で遊ぶ時間があれば勉強に回しているのでしょう。
一昔前までは、子供は外で日が暮れるまで遊んでいるのが普通でした。
毎日夜遅くまで勉強をして、学校が終わったあとも塾へ通い、家に帰ってからもまた勉強をする。寝不足にもなるしストレスもたまります。
心も身体もまだ未発達な彼等にはとても大変なことでしょう。

中学受験のほとんどは保護者が決めた受験だといえます。
将来わが子に良い会社に就職して立派になってほしいと期待をよせると子供もその期待に応えようと頑張ってしまうものです。

保護者の方にはそんな頑張っている子供たちの気持ちをきちんと評価してあげてほしいのです。成績があがったら褒めてあげて成績が落ちたら怒るのではなく次は頑張ろうと励ます心の余裕を持っていてほしい。
中学受験に失敗してもその気持ちをバネにして強くなってほしいと思えると子供の一番の支えになると思います。